あまり知られていないかも?産業医の仕事内容は

社員のケアしてるんですよ

産業医は会社に雇われてそこの社員の健康診断をしたり健康面での相談に乗っているんですよ。法律で治療は行ってはいけないと規定されているのもこの職業の特徴と言えます。昨今ではメンタルヘルス関連のアドバイスを社員に対して行うケースが増えていますね。医師であれば誰でも産業医になれるわけではなく、労働衛生に関連する資格試験に合格しているか、もしくは医師会が実施した研修に合格していることが求められているんですよね。

プライバシーを守る必要があります

産業医は社員から相談された内容を一切知らせていはいけないというルールがあるので、優れた倫理観がある人がこの職業には向いています。因みに、従業員数が50人以上の会社には非常勤の産業医が必要で1000人以上の大規模な会社の場合は常勤の産業医が必要になりますね。産業医はその会社の就業規則に従って働いているのでそういった点ではサラリーマンと似ていますね。非常勤であっても常勤でも仕事の内容に大きな差はないですね。

医療以外のことに関する勉強もすることになります

産業医であっても所属している業界に関する概要は勉強するように求められることがありますね。また、労務紛争やパワーハラスメント等に関する研修を受けることが多いという特徴もありますね。医療に関する知識を活かして会社の社員向けにメンタルヘルス関連のポータルサイトを作ったりと業務内容は多岐にわたっていますね。この職業に就いている医師は夜勤をすることはほぼないので夜通し働きたくない人達からも一定以上の人気がありますよ。

産業医の募集は現在では多くあります。企業から雇用される形態の医師ですので、安定した収入に期待が出来ます。