住み込みの仕事とは?どんなメリットがある?

住み込みの仕事にはどんな仕事がある?

住み込みの仕事とは、勤務先の職場と住居が一緒であったり勤務先が住まいを用意して働く形です。新聞配達やマンションの管理人、パチンコ店、自動車メーカーや電機機器などの工場など職種は多種多様です。またスキー場や温泉などのリゾート地、農業や漁業、牧場など季節や期間が限定されている仕事もあります。雇用の形態も正社員からパート・アルバイトまで多岐にわたり、住み込みの仕事を希望する人の目的によって選ぶことが可能です。

住み込みの仕事にはどんなメリットがある?

住み込みの仕事は、勤務先が住居を用意してくれるので、初期費用がほとんどかからないということが大きなメリットです。寮費が無料であったり、水道光熱費や食費を会社が負担するところもあるなど、自分で住まいを借りるよりは生活にかかる負担が少なくなります。また、寮では家電や家具など生活に必要なものを、あらかじめ揃えておくところもあり、身の回りの物だけ持っていけば良いというのもメリットのひとつになります。また、スキー場などのリゾート地での仕事は、自分の趣味に合ったところで働くことができ、仕事も趣味も満喫できるでしょう。

住み込みの仕事にデメリットはある?

住み込みの仕事は、期間限定の場合は交通費がでない場合があります。リゾート地で働きたい場合は遠方ですと交通費の分は収入が少なくなってしまいます。また、環境の変化や仕事に慣れるまでの間に睡眠不足やストレスで、体調を崩す人もいます。接客の仕事や集団での生活が苦手な人は、ストレスを上手に発散させましょう。住み込みの仕事は、職場と住まいが近いため通勤時間が短いというメリットがありますが、勤務時間が不規則になりがちです。残業や勤務体制などは契約する時に、しっかりと確認しておきましょう。

寮の求人情報では掃除や簡単な調理といった家事ができることが求められています。若い人と触れ合えるのも魅力です。